就活の際に悩む学生も多い、大手かベンチャーの問題

バナー

就活の際に悩む学生も多い、大手かベンチャーの問題

多くの学生が一度しか経験できない新卒採用の就活ですが、だからこそ多くの学生が悩む問題として、大手企業に就職するか、ベンチャー企業に就職するのか、という問題があります。そこで今回は就活の際に、大手企業に就職する場合、ベンチャー企業に就職する場合それぞれのメリット、デメリットについてお伝えしていきます。
まず就活の際、大手企業に就職した場合、組織の中で働くことの利益を得ることができます。
福利厚生が充実していることが多く、有給休暇なども取得しやすいため、ワークライフバランスを守りながら働くことができる可能性が高いです。
また企業側が、時間をかけて成長をサポートしてくれる可能性も高いため、社会人としてのマナーを時間をかけて学びながら、成果を出すことができる点も大手企業に就職するメリットの1つです。

一方で、年功序列の傾向が残っている企業も多く、実際に責任を持って仕事ができるまでにはかなりの時間がかかる、というデメリットがあります。



逆にベンチャー企業に就職した場合、学生を即戦力としてみなす傾向が強いため、すぐに責任の大きい仕事を任せられる可能性が高い、というメリットがあります。

また、年俸制が採用されている場合も多く、新卒1年目から多額の給料を手にすることも夢ではありません。
その一方で、福利厚生が充実していないため、入った企業でキャリアを築くことが難しいというデメリットがあります。

ベンチャー企業への就活の口コミも見てみましょう。

また、会社の側からの支援が充実していないため、自分の成長を自分で実現するほかにない、という環境であることもデメリットと言えます。