日本の建設技術は世界一

東日本大震災のときに建物の倒壊はほとんどありませんでした。

これは建機築基準法に基づいて国民が必要なコストを負担して丈夫な家屋を建設したのはまぎれもない事実です。

不幸な事に未曾有の津波で甚大な被害が出てしまいました。しかし日本は地道にこの災害を分析してさらなる丈夫な国家を建設すべく技術者が取り組んでいます。

もちろん相応のコストはかかるのでしょうが、あの不幸な東日本大震災の教訓からさらに一歩前進するものと期待をしています。
私は過去に建設業界のお手伝いをしていました。

次世代耐震技術を研究して国と連名で特許も出願しています。

様々な貝塚市の一戸建に関する良い情報をご紹介するサイトです。

今流行の免震構造のデメリットはコストがかかることと、特定条件の構造物しか本当の効果が発揮できないものでした。

私の発明した技術は普通のアパート程度でも安価に設置できるものです。

新築でも既存構造物でも格段に耐震性能が向上します。

東日本大震災以上の地震でも耐えられるために意図して損傷させるデバイスを建物に仕込むのです。

大きな地震履歴があっても見た感じは損傷はないはずです。

見た目は損傷なくてもミクロで見れば無数のクラックが発生する材料です。
地震エネルギーを吸収することによってクラックが生じるものなのです。

そして地震後にそのデバイスを外して新品と交換するだけです。

各世帯数万円の負担でこのデバイスを交換すればまた新品同様の耐震性が復活するというものです。

東日本大震災前に発明しました。

泉佐野市のマンション情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

そう遠くない日にこの技術が世に出るでしょう。

熊取町のマンションにアクセスしてください。

今は法律が邪魔をしているだけで、国交省が政令をだして使用できるように計らってくれます。
私の発明品が世の中の建設技術や国民の生活に使われます。

技術者として最大の喜びです。

今、津波対策や新エネルギーの技術のお手伝いをしています。
特に洋上風力発電や送電線技術に力を入れています。これらの技術もいつの日かみなさんが喜んでくれる建設技術になってほしいと願っています。
これからも日本の建設技術向上のために一生懸命さまざまな研究をする所存です。